Kanako Okamoto|Freelance illustrator kanako Okamoto's official website こんにちは、イラストレーター岡本かな子のOfficialサイトです。お仕事のお問い合わせはお気軽に。

作品撮りする時の撮影ボックスについて

作品撮りする時の撮影ボックスについて

 

こんにちは!めっちゃ暑い、、暑い。。梅雨もあけて夏本番ですね!

 

最近切り絵でイラストを描いているのですが作品も大きくて、スキャナーで画像を取り込むのもなかなか大変です。

それで、以前は作品を自然光で撮影していたのですが、光のあたりかたとか変な影とかできてしまうので、思い切って撮影ボックスを買いました。

 

それも60センチ×60センチの割と大きめなボックスです。

普通は30センチくらいのもので小物撮影すると思うのでとても大きいのですが、イラストの場合大きいのでこれくらいの大きさが必要です。

 

 

 
 
 

どれくらい大きいかというとこれくらい。

割と大きい。存在感あります。

 

でも使っていないときはペタンと一つの側面だけに小さくできるので机と壁の隙間に収納していて邪魔にはなりません。

 

ライトが2つもついています。でも電源は一つだけでいい。

 

いつも自然光で撮影してたので、曇の日とかはかなり苦労したのですが、天候関係なくいつでもいい光がとれるのはうれしい。

 

電気をいれるとこんな感じ。

 

かなり明るいです。そして、作品全体的に光があたる感じです。

 

一番上のこの穴から、撮影します。

三脚がないので、必死でブレないようにカメラを持ちます。

 

 

それから撮影です。

撮影ボックスが大きいのでこれぐらいの絵でも入ります。

 

 

 

 

 

撮影ボックスを使って撮影したあとの過程

 

上からまんべんなく光があたるのでスキャンしたのとおんなじような効果になります。

しかも、スキャンだと原画と比べながらの色調整大変なのですが、写真だとそこまで違和感ないような気がします。

 

 

Photoshopで切り取って、少しだけコントラストと彩度の調整をしました。

 

せっかくなので作品によってみていろんな角度で接写してみます。

切り絵という特性からかもしれませんが、立体感があっておもしろい。

 

でも普通の絵でも筆致とかでて楽しそうですよね。

撮影ボックスの中だとほんとにクオリティの高い作品撮りができます。

 

この絵の場合は背景うつってないけど、もっと小さな作品を撮るときは背景を気にせずに撮影できそうです。

 

 

 

 

スキャンした場合と比較

 

この絵はスキャンしたイラストを色調調整したものです。

 

「赤にしなきゃ!」

 

という思いが強すぎて、めっちゃ赤になってしまった。

これはこれでいいかなーと思ったのですが、撮影ボックスの中で撮影した、こちらの色味の方が好きでした。

 

赤、というよりはオレンジのような朱色の赤。

 

色調整するときは主観の方が強くなってしまって、赤なら赤として出したい、という気持ちが強すぎてそのようにしてしまいますが、みたままの方の色の方が本当に自分がしたい色味でした。

 

あと、スキャンだと絵を画面につけないといけないのでその抵抗感と、大きな絵なら画像を張り合わせる作業があるのでその手間が省けて楽ですね。

 

 

 

 

では!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泳いで海に帰りたいzine2冊セット / All I want is to swim and go home Zine

通常価格

1600

(税込)
Base

※商品価格以外に別途送料がかかります。

商品紹介

2020年ギャラリーハウスマヤで開いた個展をzineにまとめました。 大きいzine(A5サイズ)と小さいzine(50cm×50cm)の2冊セットになります。   webからお買い上げいただきましたみなさま全員に心をこめてサインさせていただいています。

関連情報

Kanako Okamoto

Kanako Okamoto|Freelance illustrator kanako Okamoto's official website

Hello! I'm freelance illustrator based in Tokyo.
お仕事のお問い合わせはお気軽に。

屋号 SpringRoll / Kanako Okamoto
電話番号 090-5123-7303
営業時間 10時~17時
定休日:土日祝日
E-mail info@kanokookamoto.jp

コメントは受け付けていません。