Kanako Okamoto|Freelance illustrator kanako Okamoto's official website 「Kanako Okamoto」はイラストレーター岡本かな子のオフィシャルサイトです。文芸書籍の装画や、新聞連載小説の挿絵、広告などの媒体を中心に活動しております。またイラストをベースとしたタイツなどのファッションアイテムやスマホケースなどの雑貨を含め多数のアイテムも販売中。お仕事のご依頼はお気軽にご相談ください。

ZHIYUN「WEEBILL S」レビュー|子ども動画に最強|

ZHIYUN「WEEBILL S」を母親目線でレビュー

 

私はプロでもなく、映像クリエイターでもなく、ただの主婦ですが願いはただ一つ、

 

子供動画を最強に美しくきれいに残したい!

 

 

そんな思いでソニー SONY ミラーレス一眼 α6400 パワーズームレンズキットを購入し、それにさらにSIGMA 16mm F1.4をセットしました。

このカメラとレンズのセットは最強で、日々子供写真を楽しんでいたのですが動画となるとカメラに手ブレ補正がついておらず、繊細なカメラなのでいい感じの手ブレ動画は取れないんですよね。。

それでジンバルを購入しよう!と思ったのですが、種類も数もたくさんあります。そんな中で、私がWEEBILL S購入にいたるきっかけとなったのは他でもなくこのデザインです↓

 

 

ZHIYUN WEEBILL S

子供って当たり前ですが、小さいですよね。なので、子供の目線でかわいらしい動画を撮ろうと思うと少しかがんだ体勢にならねばならず、それを解消してくれるジンバルが、WEEBILL Sのみだからです。

上から吊り下げて持つことができるので、自然な姿勢で子供動画を撮ることができるんです。

 

ZHIYUN WEEBILL S

 

このように、立てても使えるし、さらに三脚にもなるし、ハンドル部分を付け替えて一枚目の写真のように下にぶらさげて使用することも可能なのです。つまり、

 

小さな子どもを腰を曲げたり無理な姿勢なく、子供の目線で動画撮影ができる。

 

この三脚もとても便利で、走り回っての休憩時間、ランチやお茶の時間は定点で撮影することができるというすぐれものです。

 

 

 

 

こちらは実際に先日公園で子供がかくれんぼ遊びをした様子を撮影した動画です。

ちなみに、私はα6400とSIGMA 16mm F1.4レンズを載せています。全部で1.5キロ以上あり、やや重いのですが調べたジンバルの中では一番軽く、かわいい子供のことを撮影している間は重さを忘れます。

 

・ZHIYUN Official Weebill S カメラスタビライザー 3軸ジンバル ミラーレス一眼カメラ用

子ども目線までカメラを持って腰を折らなくてもこのような撮影ができます。

 

・ZHIYUN Official Weebill S カメラスタビライザー 3軸ジンバル ミラーレス一眼カメラ用

この持ち方で撮影しています。ただの子ども動画を撮るのに、この本格さなので人目を気にする人は要注意です。

 

・ZHIYUN Official Weebill S カメラスタビライザー 3軸ジンバル ミラーレス一眼カメラ用

まてー!とよく走る子どもについていっても、子供目線で滑らかな動画が撮影することができます。子供って走るのはやいですよね、ちょこちょこ走る子供をなめらかに撮れるなんて本当にうれしい。

 

ZHIYUN Official Weebill S カメラスタビライザー 3軸ジンバル ミラーレス一眼カメラ用

「見つかった!」の表情。かくれんぼ好きですよね。しゃがみながら、どこだろう、と探す間もお母さんは一生懸命撮影に励みます。

 

・ZHIYUN Official Weebill S カメラスタビライザー 3軸ジンバル ミラーレス一眼カメラ用

次はトンネルに。このジンバル以外だったら、トンネル内の撮影は絶対無理!

 

・ZHIYUN Official Weebill S カメラスタビライザー 3軸ジンバル ミラーレス一眼カメラ用

しかし、トンネル内も完璧に撮れますね。このとき私はさすがに同じ目線でトンネル内をみることをできないので、α6400の画面をこちら向きに変えて、映像をチェックしながら撮影しています。

・ZHIYUN Official Weebill S カメラスタビライザー 3軸ジンバル ミラーレス一眼カメラ用

はい、これは戻ってきているところですね。狭いとこすきですね。

 

・ZHIYUN Official Weebill S カメラスタビライザー 3軸ジンバル ミラーレス一眼カメラ用

この日は本当にきれいな秋晴れでした。反省点としては、ちょっと露出を上げすぎたこと。色が飛んでしまってます。

 

後で編集する場合、自由に調整できるので、オートで全部撮ったほうがいいなぁと一人反省会しました。

 

 

モードについて

 

モードは全部で、6つあります。

 

  1. パンフォローモード(PF
  2. ロックモード(L)
  3. 視点モード(POV)
  4. Vortexモード
  5. フォローモード
  6. Goモード

私がよく使うのは、まずは立ち上げると標準であるPFで子供を追いかけて撮影し、子供に近づいて視点を下げたり上げたりするときに使うPOVモードに場合によって変更していきます(どんぐりや昆虫を見つけたときに視点を固定して撮影するのに便利)。モードを変更して使うのは慣れが必要です。

 

 

 

WEEBILL Sの主な仕様(スペック)

 

製品重量  926g(三脚、バッテリー除く)

本体サイズ 190*140*298mm

バッテリー リチウムイオン 18650*2

バッテリーのフル充電時間 標準:2.5h

Bluetooth Bluetooth 5.0

 

製品はほぼ1キロで、全体でA4サイズにおさまるとの売り文句ですがそのとおりで、私はいつも小さめのリュックにカメラとスタビライザーをあらかじめセットした状態で入れていますが問題ありません。なんとなく保護として、タオルでぐるぐる巻いています。(落下しても大丈夫なように)

 

バッテリーで不自由を感じたことはなく、逆にカメラ側の充電をいつも心配しています。

 

 

WEEBILL Sの悪かった点

 

いいことたくさん書いてきましたが、悪い点についても母親目線でレビューしようと思います。

 

組み立てにとにかく時間がかかる

プロの人ならすぐできてしまうんですけど、組み立てにとにかく時間がかかりました。詳しい説明などなく、商品がでてすぐに購入したので動画など探してもすべて英語だったんですね。。大変だったけど、一度組み立ててしまえばずっと使えるのでいいんですが。今は日本語でもたくさん組み立て動画があるようですのでそちらを参考にしてくださいね。

 

電池の取り外しがしにくい

電池を取り外すところにグリップがついていて、英語動画の説明では暗闇でも楽々外せる、なんていってるんですけど、滑って全然とれません!毎回いらいらする!

 

ので、電池取り外して充電するのをあきらめ、本体とUSBを繋げて充電しています。大きなスタビライザーを充電場所に持っていくの嫌なんですけど、取り外すのもっとやっかいなんですよねーーー。いらっ

 

いらいらするよーー

 

カメラとの取り付けが大変

 

カメラにこの台をあらかじめつけていないと、↓

毎回つけるネジは3っつもあります。しかも手では無理で、コインのようなものかマイナスドライバーできっちりとしめなければなりません。

 

この取付台を予めカメラにセットしておけばその手間は省けるのですが、写真だけ撮りたいときなどもあるので毎回外してしまうのですよね。

 

 

以上3点でしょうか。

 

 

 

 

まとめ

 

悪い点をふまえても、とにかく、

 

WEEBILL S×子ども動画は本当に相性がいい

 

と思います。買ってよかった。おでかけや旅行がこれからも楽しみです。

 

 

 

 
 

 

 

ちなみにこちらの動画も、WEEBILL Sで撮影した、滑らかで美しい動画です。広い鉄道博物館を走り回る息子を追いかけながら撮影しました。

 

 

 

 

 

 

 

関連情報

Kanako Okamoto|イラストレーター岡本かな子オフィシャルサイト

Kanako Okamoto|Freelance illustrator kanako Okamoto's official website

「Kanako Okamoto」はイラストレーター岡本かな子のオフィシャルサイトです。
文芸書籍の装画や、新聞連載小説の挿絵、広告などの媒体を中心に活動しております。
お仕事のご依頼はお気軽にご相談ください。

屋号 Kanako Okamoto
住所 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-38-11
原宿ニューロイヤルマンション301
電話番号 090-5123-7303
営業時間 10時~17時
定休日:土日祝日
代表者名 岡本 かな子 (オカモト カナコ)
E-mail info@kanokookamoto.jp

コメントは受け付けていません。